2020.9.26 キャプテン翼スタジアム戸田

映えるシースーの写真を撮るの忘れました。

ひと月前の暑さが嘘のようにすっかり涼しくなってしまったこの日の試合は、2013年以来の戸田。当時はジョモニスタ戸田という名前だったが、いつの間にかキャプテン翼グループの傘下?となったようだ。

「チームレベル、構成は問いません」という募集内容は、強豪チームとしての自信の表れか、はたまた対戦相手がいなくてよほど困っているのかわからなかったが、初見の印象としては前回と同様でわりと年代が近そうな感じ。これならなんとかなりそうかな?なんて思っていたのもつかの間、試合が始まるとスピード、パワー、運動量、パスワークと全てにおいてMARを上回っており、一方的にやられる展開となる。しばらくは1点も取れない苦しい試合が続いたが、後半になるにつれ相手も手心を加えてくれたのか、少しは点を取れるようになり、心が折れることなくなんとか頑張ることができた。

試合後は満を持して飲食店への入店を解禁。しかし真っ昼間でまだ飲み屋もやっていないということで、F.C.MAR20年超の歴史上でも非常にレアケースとなる回転寿司店へ。店のシステムに疎いメンバーもいる中、アレを頼んでくれだの、ソレとってくれだの、アレがまだ来てないだの、空きジョッキも下げてくれないの?だの、多少の混乱も見られたが、店員や他の客との接触が少ない回転寿司はニューノーマル時代の反省会におけるベストプラクティスとなりえる存在と言えるだろう(適当)。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2020.9.13 駒沢体育館

飛び込み台じゃあないんだぜ?

過酷な猛暑の日々もやっと落ち着き、1ヶ月ぶりの開催となったこの日の試合会場は、スポーツの聖地(多分)駒沢オリンピック公園の体育館。かなり昔に試合をした記憶があるが、検索しても試合レポートがないので2010年以前と思われる。

この日は前回に続き朝9時スタートいう健康的スケジュール。ちゃんと開始時間にメンバーが揃うか若干の不安があったが、その不安は残念ながら的中。しかし、遅刻の理由は予想と違い、白M氏は痛風的な症状の発現、K堀氏は「駒沢」ではではなく「駒場」体育館に行ってしまうという斜め上をいく理由であった。うっかりさんにも程があるが、浦和の駒場スタジアムに行かなかったことが不幸中の幸いである。

さて、この日の募集カテゴリーはOver40程度ということだったが、いつもの体育館チームのように、いやいや話違くね?的ガチチームではなく、看板に偽り無しのOver40感溢れるチームであった。MARにとって同世代の相手は大変ありがたい。とはいえ、人数ぴったりの4時間ということで体力的および一部痛風的な不安は拭えない。しかも貴重なヤングマン、なかにし君の体調が優れないことは顔色を見ればわかる。しかしながら、4チーム回しで休憩が多かったこと、諸事情で当日まで参加を隠匿しがちなステルスメンバー・ヨコ氏の途中参戦もあって、なんとか長丁場を乗り切ることができた。

試合後は公園内の売店で酒を購入し、青空(実際は曇天)反省会を開催。ベンチに横並びに座りながらということで、飲み会感はでなかったものの、久々に反省会を開催できたことを素直に喜びたい。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2020.8.15 新宿コズミックスポーツセンター

写真ないのでコズミックなの置いときますね

長梅雨の反動なのだろうか、連日危険なレベルの猛暑が続く中、75回目の終戦記念日を迎えたこの日、2週間ぶりの試合が行われた。会場は5年ぶりとなる新宿コズミックスポーツセンターである。
この日は関東復帰を果たした白M氏が久々の参加となるはずだったが、過労(多分)で体調を崩して不参加となったため、12頭身受験生・カズマが緊急招集された。「緊急招集」というと、日本代表みたいでカッコいいのだ。

さて試合の方は、体育館ということでご多分に漏れず、相手チームがかなりのハイレベル。コーナーキックのパターンを作戦番号で共有する黒チームに、当たったら怪我するレベルのキャノンシュートを放ちまくるガチムチ君を擁する黄チーム、普通に強い赤チームと、MARとしては相手にとって不足なしというより、自分たちが相手にとって不足なのではと心配してしまった。
結果、こちらの戦い方としては「カズマの個人技でなんとかしてもらう」という「戦術はロナウド」的な無策っぷりとなったが、なんとかなった場面も何度かあったので、まあよしとしたい。

この日も反省会はなし。新大久保にほど近い会場ということで、コロナがなければサムギョプサルにまっしぐらだったと思うと、残念でならない。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2020.8.1 目白台運動公園

まあ、管理はしやすいんだろうけど。

九州などでの豪雨被害のみならず、東京では31日中30日で雨を観測するという新記録を叩き出したスーパー長梅雨がついに明けたこの日、見事なタイミングで試合が開催された。場所は2年前にも訪問済みの目白台運動公園。
予報ではかなりの猛暑が予想されていたものの、雲で日差しが限られていたせいか、なんとか耐えられる程度の暑さ。人数も7人と余裕があり、安全・安心である。

こちらのコート、前回の利用時からピッチが改修されており、プールの更衣室の床のような一風変わった素材に。この日半年以上ぶりの参加が叶った空耳氏はそんなピッチに幾度となく足を滑らせ、休憩中にシューズのソールをガリガリと削る懐かしい光景を見せてくれた。試合内容はというと、相手チームはいつも通りに強かったが、まあボコボコというほどではない程度にはやれた、くらいだろうか。何にせよ、コロナ下でストレスが溜まる中、フットサルで発散できるのは素晴らしい。

試合後は空耳氏を囲んで飲みたいところではあったが、感染者の再拡大を受けて断念。前回に続き、反省会のないフットサルなんて、クリープを入れないコーヒーのようなもの(古)なので残念でならない。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2020.7.18 楽天地フットサルコート錦糸町

半裸でうろつくのはご遠慮ください

やっとこさっとこ活動再開できたというのに、再び都内の感染者数が急増し、世間に不穏な空気が漂いつつも、なんとか再開2試合目を迎えることができたMAR。梅雨明けの気配もなく、東京はこの日まで19日連続の雨を観測していたが、奇跡的に試合前までに雨が上がった。会場は前回に引き続き、錦糸町楽天地。

直前までの雨で、ピッチは場所によってびちょびちょ。ボールは重く、足は滑り、パスは伸びる。さらに、いつもの主催者チームに加え、もう一つのゲストチームが非常に強いうえに手心というものを知らず、なかなか思うようなプレーはさせてもらえなかった。
そんな中で、この日はK堀氏がスカウトしてきた新人W君が初参加。久しぶりの運動ということだったが、中学までサッカーをやっていたということで、随所に好プレーを見せ、今後の活躍を期待させた。

試合後はこの数日間のコロナ感染者の増加を受け、後ろ髪を引かれながらもNo反省会が決定され、解散。これはフットサルと反省会の重みがほぼ同等である(断言)F.C.MARとしては苦渋の決断であり、今後はオンライン反省会、ソーシャルディスタンス反省会、フェイスガード反省会などの可能性を探っていく必要があるかもしれない。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2020.6.20 楽天地フットサルコート錦糸町

やはり太陽の下で汗を流す、これですよ。

コロナによる長期中断期間を経て、約5ヶ月ぶりの再開となったこの日。梅雨の中休みで晴天にも恵まれ、久々の再会にメンバーにも笑顔がこぼれる中、試合が行われた。会場は昨年の秋以来となる錦糸町。

外出自粛期間が長かったこともあり、メンバーたちの大幅な体力低下が懸念されていたが、意外にもそこまでひどい動きということもなく、全般的に若干キレがないなといった印象。おそらく皆再開に向けて、おうちトレーニングに励んだ結果なのだろう。知らんけど。いずれにせよ、屋外で思いっきり体を動かす気持ち良さを久々に感じることができた。

試合後は次の予定のあるメンバーが多く、残った有志3名でいつもの牛すじ屋へ向かうも、さすがの錦糸町(?)コロナも関係ないのか土曜の真昼間から満席御礼。仕方なくしばし酒を求めさまよい、そこそこ空いていた串焼き屋へ。久々のやきとんwithホッピー等に舌鼓をうちつつ、そんななんでもない日常のかけがえのなさに改めて気づかされるセンチメンタル・ウィークエンド(謎)なのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2020.1.26 フットサルポイント浦和たじま

ホッピーがオシャレ路線に転向

国内での新型コロナウィルスの脅威もまだ広がっておらず、自粛モードもそれほど強くなかったこの日、人によっては蹴り初めとなる新年2戦目が行われた。会場はすっかりおなじみのフットサルポイント浦和たじま。

こちらのコートはかなり広いということもあって、MAR側はkiyomiyを入れた6人での試合を申し入れた。お相手チームの皆さんも「どうぞー」なんて快く承諾してくれたのだが、これが相手にとっては大誤算。前線を広く動き回ってボールを収めまくるkiyomiyの効果的なプレーに「ん?この子を+1の女子にカウントにするのはずるくね?」的なイキフンが時間を追うごとに漂う。しかし我々も別に騙したわけでもないので、素知らぬ顔でプレーを続け、いつになく良い連携をみせるなど、大変気持ちよく試合をさせていただいたのであった。なんか申し訳ない。

試合後は昨年夏に訪れた居酒屋を再訪。幼きFuuちゃんにおっさんの世界を体験させつつも、酔って騒いで嫌われないように、いつもよりも若干セーブ気味に飲むメンバーたちなのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2020.1.12 永福体育館

2020年の蹴り初めは、多分初となる杉並区の永福体育館で行われました。試合の内容はまあいいとして(オイ)、この周辺だとどこの飲み屋に行ったのか気になるところです。

近頃人材難に苦しむF.C.MARも今年はオリンピックにあやかってぜひ盛り上がっていきたい!などと思っていたのですが、新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るい、オリンピックも延期となった今、再び無事にフットサルができ、楽しく飲めるようになることを祈るばかりです。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2019.12.28 練馬フットボールパーク

多分史上最高の女子動員率ですな

さて平成から令和への時代の節目となった2019年もあっという間に過ぎ去り、この日は毎年恒例の蹴り納め。今年も何とか身内で試合ができる人数が揃った。会場は練馬フットボールパーク。

この日は初参加も含めて女子多めということで、女子&女児中心のエキシビジョンマッチ(?)と男子による紅白戦を交互に行った。ヨコヤマ氏の愛娘Fuuちゃんの愛らしいプレーに癒されつつ、静けさに包まれた住宅街のコートで、今年も平和にフットサルが出来たことにしみじみと幸せを感じるメンバーたちなのであった(知らんけど)。

試合後はジモティーKDKの導きにより、平和台近くのダイニングバー的店へ。カラフルなカクテル風のドリンクやアヒージョ的オサレメニューを堪能したが、結局普通の居酒屋が恋しくなったK堀氏に付き合う形で、二軒目の居酒屋へと向かってしまうのんべえ達なのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2019.12.14 フットサルポイント浦和たじま

海ぶどうと日本酒って合うのかしら?

さて、年末の繁忙期ということもあり、なかなかメンバーの集まらない中、約1ヶ月ぶりに行われたこの日の試合は、夏以来の西浦和。
冬本番ということで、このところ寒い日が続いていたが、この日はいい日和なうえ、屋外コートということで、試合開始時点で寒さを感じることはなかった。また、当初4名かと思われたメンバーも、急遽駆けつけてくれた榎Mくんのおかげでなんとか5人揃い、さらに個サル的に参加していた2名の助っ人が加わってくれた。

さて、試合はコートがかなり広いことで、攻撃時のスペースはあるがその分運動量が求められ、なかなかにハード。しかし助っ人2名がヤングな上にハイレベルだったため、互角といえる試合をすることができた。ただ、日が暮れるとともに気温がぐんぐん下がり、最後は長袖を持ってこなかったことを後悔する羽目となった。

試合後はヨコヤマ氏と榎M氏が離脱したため、反省会最少催行人数(?)の3名で北朝霞の居酒屋へ。沖縄料理兼大衆居酒屋というありそうでなかった店で安いコップ酒をしみじみと味わい、ほろ酔い気分で家路に着いたのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ