作成者別アーカイブ: noda

2016.12.28 フットサルアレナとしまえん

いやー本気出せば集まるもんですねー。

いやー本気出せば集まるもんですねー。

2016年もあっというまに過ぎ、恒例の蹴り納めとなったこの日。会場は昨年は改修のため使えなかったフットサルアレナとしまえん。

せめて蹴り納めくらいは身内で紅白戦、というのがMARの慣例だが、今年も多くのメンバーが集まり、3チームでの紅白戦(?)を行うことができた。人数構成的になんとなく所属フロア(とその他)でチーム分けがされたものの、この日ばかりは会社での立場、雇用形態、ボーナス査定への影響も忘れ、皆のびのびとフットサルを楽しめたのではないかと思う(たぶん)。

試合後はこちらも蹴り納めの定番、練馬のジンギスカン店へ。過去最大規模の人数とあって、初となる奥の座敷へと通され、否が応にも忘年会感が高まる。最初の注文時、用意できないメニューの多さに若干の不安が広がるが、メインとなるジンギスカンがその不安を一蹴。新鮮な生ラム肉の美味さに一気にテンションが上がるメンバーたちに呼応するかのように、テーブルに並べられた3台のジンギスカン鍋も、競い合うかのように勢いよく蒸気を立ち上らせたのであった。

うまいんだなこれが

うまいんだなこれが

さらにこの日は忘年会ということで、忘れ足りない有志達は2軒目へ。しかも2軒目で中華という田中邦衛も真っ青ながっつり忘年会コース。しかしヤングマンが多いこともあって、餃子やチャーハンや麻婆豆腐などをこれでもかと喰らい、パンパンの腹を摩りながら2016年を締めくくったのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2016.12.18 落合南長崎スポーツセンター

落合南長崎の広い方、落合南長崎スポーツセンターで行われたこの試合。正直更新をサボっていたせいで記憶があいまいではあるが、この日初参加となった期待の女子・ヨシダさんのパスを受けてすぐ前を向く姿勢には素晴らしいものがあった。また、この日は時間が早かったこともあって、珍しく反省会もなし。若干の(いや、かなりの)物足りなさを感じつつ、それぞれ家路や会社路についたのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2016.12.4 江戸川区 水辺のスポーツガーデン

コートはもうちょっと狭くていいよね。

コートはもうちょっと狭くていいよね。

さて、1ヶ月ぶりとなったこの日の試合会場は、バスで騒いで怒られたのも今となっては懐かしい江戸川区水辺のスポーツガーデン。23区とは思えないアクセスの悪さではあるが、フットサルでもなければなかなかこない場所なのでなんだかちょっと楽しいのである。都営新宿線瑞江駅からバスに乗り、さらに15分ほども歩いてようやく到着。

相手チームは「エンジョイ」レベルであるという。エンジョイという言葉には本来プレーレベルは含まれていないはずだが、フットサルの世界ではなぜかビギナーの上位ランク的な扱いがされている(はず)。そのため、普段自称ビギナーを中心に対戦しているMARにとって、この日の相手はかなり強いことが予想された。アップ中の相手チームは全員長身で強そうである。

試合が始まるとすぐに予感は的中したことがわかる。コートを広く使って、パワーとスピードと走力を駆使して繰り出される攻撃に、次々とゴールを奪われる。しょっぱなから「こりゃあ今日はダメだな」という雰囲気が漂ったが、後半になるにつれ、手加減してくれたのか、はたまた持久力はそんなでもなかったのか、そこそこいい試合ができるようになった。

試合後は、ちゃんこ鍋店に向かうも満席だったため、前回気になりつつ入れなかった焼肉店へ。店名ほどには特徴のない無難な焼肉を食し、家路についたのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2016.11.6 築地市場厚生会館

写真もないのでももんじゃの画像置いときますね。

写真もないのでももんじゃの画像置いときますね。

前回に続き、いい感じの間隔で開催されたこの試合だったが、空耳氏が急遽参加できなくなったため、久しぶりに4名での試合となってしまった。会場は前回から数ヶ月のうちにすっかりホットなスポットとなった感のある築地の体育館である。

常にキーパーを借りて試合をしたため、全く休む時間がなく、体力的に苦しい試合となった。S木氏はキーパーに替わってくれと言うタイミングを探っていたが、なんとか最後まで乗り切ることができた。

試合後は前回同様月島方面へ向かうも、例の悪の組織の資金源になるのはお断りということで、普通の居酒屋へ。激辛煮込みに舌鼓をうちつつ、翌日からの激務に備えて英気を養ったのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2016.10.23 ミズノフットサルプラザ味の素スタジアム

すね毛が邪魔でお灸が打てないの図

すね毛が邪魔でお灸が打てないの図

珍しく2週間ぶりの開催となったこの試合、場所はだいぶ昔に一回やったかもしれない、MFP味の素スタジアム。

3時間&コートが広い&相手が若いということで、試合は終始苦しい展開となったような気がするが、やっぱりあまり覚えていないのである。ただ、この日初参加となった二代目ケーリーS木氏が少年時代にやっていたと言うキーパーで良い動きを見せていたのが印象的であった。昔とった杵柄ってやつですね。

試合後は何もない飛田給駅前で店選びに難航した結果、バーミアンに入店。t中さんによる低炭水化物ダイエットのお話を聞きつつ、餃子やチャーハンを食らい尽くすというしょうもない時間をひとしきり楽しんだ後、家路についたのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2016.10.10 和光市総合体育館

よくわからないけど和光駅前の写真でも載せときますね。

よくわからないけど和光市駅前の写真でも載せときますね。

えー、この日はそう、体育の日。ということでこの日の試合は体育館。隣町に住むK掘さんなどにとっては割と馴染みがあるらしい和光市の総合体育館である。

空耳氏が急遽仕事で来れなくなったため、人数やっベーぞ!ってなったのだが、カジュと言う呼称がもはやふさわしくないくらいの身長となったカジュと、久しぶりの参加となった中さんが駆けつけてくれたおかげで、なんとか相手チームに迷惑をかけずに試合をすることができた。試合内容は当然ほとんど覚えていないが、やたら上手な女子がいたことが印象に残っている。

試合後は和光市駅前の居酒屋へ。筆者は早めにドロンしたため詳細は不明だが、いつものように泥酔したt中女史が解散後に一人カラオケに行き盛り上がっちゃったらしい、との情報が寄せられています。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2016.9.3 フットサルクラブ東京 東陽町コート

いつもの感じですね。

いつもの感じですね。

8月は残念ながら開催なしに終わり、この日は約1ヶ月ぶりの試合。場所はいつもの東陽町である。

なんとか試合にはこぎつけたもののの、参加者はきっかり5名(だったはず)。当然、試合はかなりきつかったはずだが、正直思い出せない。しかし、試合後、隣接するBBQスペースで女子たちと楽しげに肉を焼く男たちが「おいおい、モデルさんに火傷させちゃまずいから気をつけろよ?」みたいなことを言って周囲にさりげなくアピールしているのを見てリア充爆発しろ!と強く思ったことだけは覚えているので嫉妬とは恐ろしいものですね。

試合後は前回も訪れた駅前の居酒屋へ。前回と大体同じようなものを食し、同じようなものを飲み、同じような他愛もない話をして、同じような電車に乗って帰ったと記憶しています。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2016.7.31 フットサルパーク吉祥寺

さて、今年の夏はどうも皆の都合が合わない中、この日は4週間ぶりの試合が行われた。会場は昨年もお世話になったフットサルパーク吉祥寺。

おじさんが雲の写真撮ったっていいじゃない!

おじさんが雲の写真撮ったっていいじゃない!

このところ、人数が集まる試合とそうでない試合が交互に続いていたが、前回が大人数だったため、今回も法則通りに人数少なめ。というか5人ギリギリという久々の苦しい状況となった。
相手チームも割と年代が近そうなこともあって、人数が少ないながらもなんとか善戦していたこの日のMARであったが、当日午前中に高尾山に登るという無茶をしてきたカナイ君はかなり辛そう。そんな中、前週にも職場のフットサルに参加して疲労がたまっていた筆者が、内股の筋肉を痛め、退場。その後は他のチームからキーパーを借り、なんとか試合を続けることができたが、やはりおっさんはコンディション管理に気を使わなければならないことを痛感したのであった。イチローやカズは本当すごいね。

さて、試合後は足を引きずりながらもハモニカ横丁方面へ。狭い店舗が犇めき合うエリアにある居酒屋の狭いボックス席で、おっさん達も仲良く犇めき合って夜は更けていったのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2016.7.3 スポーツプラザ梅若

えー、さて1ヶ月ぶりとなったこの試合。会場はみなさんご存知、スポーツプラザ梅若。っていやどこよそれ?って感じだが、墨田区は東向島にある屋内運動施設なのである。なのである、じゃねーよって感じだが、それはさておき、この日の東京はこの夏初となる猛暑日。駅から施設まで10分歩いただけで汗だく状態。しかし施設内は冷房完備でもう文明って最高!なのである。

なっ・・・なにィ!?

なっ・・・なにィ!?

前回は集まりが悪く、試合も苦戦したが、今回は新メンバー4名を含む多数のメンバーが参加したおかげで、4時間という長丁場も乗り切ることができた。女子を含めた新メンバーが全員得点するという偉業も達成したような気もするが、正直2ヶ月近く前のことなのであまり覚えていない。

試合後は猛暑を避けて施設前のバス停から駅へ。しかし地元密着型のミニバスだったため、「なんだこの集団うちらのバスを占拠しやがって」的な目で見られ肩身の狭い思いをする(被害妄想)。その後スカイツリーを眺めながら押上から錦糸町へでて、反省会はうまそうな感じのホルモン屋へ。ホルモンをたびたび炎上させては店員から「換気管が爆発するからすぐ消せ!」とひどい脅迫を受け、終始心が休まることはなかったが、うまいホルモンをサワーで流してなんとか心を落ち着かせ、梅雨の蒸し暑い夜のなか家路に着いたのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ

2016.6.4 フットサルクラブ東京 東陽町コート

手がでかくてジョッキの大きさが伝わらないっていう。

手がでかくてジョッキの大きさが伝わらないっていう。

さて前回から3週間ぶりとなる今年の3戦目、会場はお馴染みの東陽町。この日は前回参加のヤングメンバーたちが全滅ということで、ロートル、もといアダルトメンバーでなんとかするしかない状況。しかし約半年ぶりの参加となるだいちゃんは試合勘の不足が否めず、また「フットサルで使うのは下半身だから」という小学生のような理論で試合前にジムで上半身の筋トレをしてきたK堀氏は、最初から明らかに疲労の色が見える。しかも交代人数はわずか1名。ということで、案の定この日の試合は終始パスも満足に繋げない苦しい展開が多く、散々な結果に終わった。

試合後は気を取り直して、以前から気になっていた東陽町駅前の居酒屋へ。居酒屋と焼肉屋の合体したような不思議な店であったが、味も値段も悪くなく、早い時間から賑わっているのも納得である。気がつけばこの日の対戦チームも奥の席で飲んでいる。
七輪で肉を焼きーの、居酒屋メニューをつまみーのした後は、巨大なジョッキに注がれたサワー類を飲みながらだいちゃんによる終わりの見えない中国史的な話をみんなで適当に聞き流したのであった。

カテゴリー: 試合レポート | コメントをどうぞ