2019.11.10 フットサルクラブ東京 八幡山コート

ラーメンのラとチャーハンのンを取って
ランちゃんだそうです(漂う違和感)

次第に秋が深まる中、運良く小春日和でスポーツ日和となったこの日。会場はお馴染みの八幡山。ヨコ氏と息子のKくん、MAR関西、東海支部長の空耳氏と白M氏もはるばる参戦し、最近は中々揃わないメンバーが集まった。

この日の相手チームのうちの一方は、見たところMARにも引けを取らない感じのナイスミドルな大人チーム。こういうチームにはなかなか出会わないので、勝手に親近感を感じてしまうのである。とはいえ、こちらには現役中学生と20代男子もおり、やや反則気味。基本的には優位に試合を進めることができた。試合中はヨココーチによるK君への厳しい実戦指導もあり、親子のやりとりが大変微笑ましく感じられる平和な日曜のお昼であった。

試合後はいつもの餃子屋方面に移動していくと、なんとK堀家の第二の食卓としてもお馴染み(?)、「ぎょうざの満洲」が新規オープンしているのを発見。一家の舌を魅了するその味を確かめるため、MARのメンバーで初入店を果たす。
「まあ、ゆーても埼玉のチェーンでしょ?」という侮蔑的な心が全くなかったとはいえないことを告白するが、値段の安さもあって色々と頼みまくったメニューは、看板メニューの餃子を始め、思っていたよりもだいぶ美味しく、満足のいくものであった。とくにK堀氏の息子カズマをして、「将来毎日これを食べられる人になりたい」と言わしめたチャーハンはパラリと仕上がっており、その辺のチェーン店のものよりもまさに「3割うまい」と言ってよい逸品であった。カズマの次回参加時に謝りたい。

カテゴリー: 試合レポート   パーマリンク

コメントを残す