2018.6.9 新宿区新宿中央公園フットサル場

東京のセトラルパーク的な?

6月9日はロックの日。・・・かどうかは未確認だが、ロックとはそれほど関係の深くないF.C.MARはこの日も元気にフットサルである。場所は初となる新宿中央公園フットサル場。新宿中央公園といえばホームレスの総本山的なイメージがあるが、周りには高級ホテルも多いということでいろいろ対策が行われたらしく、現在はそんな雰囲気は感じさせない。フットサルコートは公園の端の広場の真ん中に金網デスマッチのリングのように設置されている。

この日の相手も我々以外は個人フットサルでの参加らしく、試合開始当初は初対面の人間が集まった際のよそよそしい雰囲気が感じられた。しかし、試合が始まりパスという会話を重ねることで徐々に打ち解け、笑顔も見られるようになっていった。やはり、フットサルとは本当にいいものですね(棒)。
それはさておき、だいたい毎回いつも同じメンバーと再会する我々F.C.MARの試合はというと、今回も個サルで揉まれた猛者たちを相手に、なかなか自由にプレーさせてもらえないことが多かったが、自分たちなりにやれるだけのことはやったと思います。

試合後は新宿西口方面へ。図らずも(?)今回も日本酒の飲める系居酒屋へ入店。いつものようにみんなでK堀さんの会話に付き合いつつ、全国各地の日本酒といろんな干物を飲み比べ食べ比べ、ラーメンの誘惑を振り切って家路に着いたのであった。

カテゴリー: 試合レポート   パーマリンク

コメントを残す